初めての方へ

ログイン
新規会員登録はこちら
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

中森久美子(茶娘)

東京から三重のお茶農家に嫁いで6年。家業、家事、育児に全力投球!日本茶インストラクター第10期生。


店長日記はこちら

お茶農家の嫁のブログ
農家の嫁の日常を発信中!

初めての方へ
私たちの強み
お買い物の流れ
まずは無料会員登録!
お茶で笑顔に
顔の見える関係を
お茶淹れ教室
自宅でプチお茶淹れ教室
新茶手摘み体験
消費税増税に伴う商品価格改定のお知らせ
ゆうパケットについて
メディア情報
出店・イベント情報
お客様の声
商品ラインナップ変更のお知らせ
サイトマップ
(有)中森製茶のご案内
インフォメーション(バックナンバー)
中森製茶のお茶についてのご注意
返品交換特約・免責事項



↓携帯でのご利用はこちら↓


このサイトをお気に入りに追加

中森製茶

【 伊勢乃國わたらい茶 〜有限会社中森製茶〜 】

中森製茶の茶葉畑
  有限会社中森製茶は三重県中部の
  度会町(わたらいちょう)で製茶業を
  営む農家です。
  茶樹の栽培、収穫、荒茶* 製造(自家
  工場での加工)、販売を行っています。

  お茶の芽の収穫は一番茶、二番茶と秋の
  番茶の年3回で、すぐに自家工場に運び
  製茶します。加工したお茶の多くは市場
  に出荷していますが、一部は仕上加工を
  行いホテルやレストランに卸したり、
  小売商品として販売しています。 


  ※ 荒茶とは・・・収穫した生の葉を製茶工場で加工し、乾燥を終えた茶葉を「荒茶」といいます。
  これは一次加工品(原料茶)で、形状が不揃いで、まだ水分を含んでいることが多いので、専門の業者で
  仕上げ加工をしてから消費者の手に渡ります。(荒茶製造までが茶農家の主な仕事です)


私たちが作っています  ≪ 私たちが作っています ≫

  茶畑の管理や収穫、工場での加工など茶農家として
  の作業は主に中森家の男3人が担当しています。   

  ■ 中森 慰 (なかもりやすし)
  ・・・ 写真中央
  全国手揉み茶振興会認定 茶匠
  日本特産農産物マイスター(茶 手揉み製法)

  ■ 中森 大 (なかもりまさる)
  ・・・ 写真左
  全国手揉み茶振興会認定 師範

  ■ 中森 顕夫 (なかもりあきお)
  ・・・ 写真右
  全国手揉み茶振興会認定 教師



【 中森製茶のこだわり 〜匠の技が生み出す味〜 】
 
中森製茶には茶の手揉みの高い技術を持つ職人がいます。

現在の製茶方法は手揉み機械的翻訳とも言われており、中森製茶では、その技術に基づいて製茶を
行っています。複数の機械を用いる製茶工程では、その香りや手触りが完成した製品の香味に大きな影響を及ぼします。 お茶作りの原点とも言える手揉みに精通することで、職人のこだわりの味を生み出しています。
手揉み茶
  ■ 手揉み茶とは

  焙炉(ほいろ)という熱を加える代の上で蒸した
  お茶の葉を揉んだり転がしたりしながら、ゆっくり
  と時間をかけて成形していきます。その形状は
  機械で製造したお茶とは異なり、細長く美しく、
  芸術性の高さからも多くの評価を得ています。






【 安全安心なおいしいお茶を 】

みえの安心食材   安全安心なお茶作りに取り組む中森製茶の製品はみえの安心食材の認定を受けて
  います。販売しているすべてのお茶が自園自製ですので、生産者が分かり安心して
  お飲み頂けます。スーパー等で販売されるお茶の多くは、茶問屋が仕入れたお茶をブレ
  ンドしており、生産者の特定は困難です。「○○園」というような茶屋独自のブランド
  力に惹かれる方も多いとは思いますが、「中森が作った安全安心なお茶」をお選び頂ければ幸いです。

  人と自然にやさしいみえの安心食材表示制度
  制度制定:三重県  認定審査機関:財団法人三重県農林水産支援センター


【 お食事処 〜手作工房うまのり〜 】

手作工房うまのり   (有)中森製茶ではお食事処手作工房
  うまのりを運営しております。日本一
  の清流宮川を竹林越しに眺めながら自家
  製の炭で焼き上げた天然鮎をお楽
  しみ頂けます。特に竹炭で焼いた特製
  の鰻は、身はプリッと、皮はパリッと
  しており、これまで鰻が苦手だった方
  にも「これは美味しい」と言って頂ける
  自慢の逸品です。
  伊勢神宮に参拝される際はぜひ「手作
  工房うまのり」(車で約25分)にも足を
  伸ばし、鰻や自家製のお茶をご賞味
  ください。

  手作工房うまのり ホームページ はこちら